Muchの囁き

そのときどきで興味のあることをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと待った!!大家さん! その敷金そんなに返す必要はありません!!

【読書#07】
興味深いというかなんというか。
当たり前のことが当り前じゃないってことがあるんだなぁという印象。

旧借地法だっけ?それが借主側に超有利な法律ってのは聞いたことがあるけど、戦後の混乱期には意味があったんだろうけど、ひどいな。

ゆとりとの組み合わせで凶悪化してる。

でも、本に載ってた最近のは、なんでそんな判例が出たのか理解できん。
ゆとり先取りした裁判官が血迷ったとしか思えん。

そんなことしたら、義務は果たさず権利だけ主張するモンスター系の輩がつけあがるやん。

結果平等万歳って風潮に流されてちゃぁ、ますます努力が報われない世の中になってしまう。
早く国外脱出を実現しなきゃ。

で、話を本に戻して、前書きにいきなり『大家さんのためだけに』的なことが書いてあった。
実に格好いい。

その時点でマーケット極小になると思うんだけど。
読み物として楽しめるような素材とも思えんし、ずいぶん思い切った内容とタイトル。

不動産経営を志すなら読んでおきたい本。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://much24.blog66.fc2.com/tb.php/2022-129ab1de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。